無理厳禁・40代の水泳ダイエットで注意したいポイントについて

 

40代になれば気持ちは若いつもりでも、身体が思うようについてこないようになるので、水泳ダイエットをする際にもいくつかの注意点があります。

 

本格的に水泳をするのは学生の時以来という人も多いでしょうから、とにかく無理をしないことが大切です。

 

早く痩せたい、早く結果を出したいからと無理をするのは厳禁です。

 

安全に水泳ダイエットをするために、またダイエット効果を高めるために注意したいポイントがあるのでご紹介します。

ダイエット前に準備運動は十分に行ってケガを防止!

 

40代の水泳ダイエットで、注意したいポイントについてご紹介します。

 

まずは、泳ぐ前には準備運動を十分に行うことが大切です。

 

水泳は全身の筋肉を使うハードな運動なので、準備運動なしにいきなり始めてしまうと身体がびっくりしてしまいます。

 

泳ぐ時には全身の筋肉が酷使されるので、ストレッチなどの準備運動なしで始めると筋肉が痙攣して足がつるなどケガをするリスクが上がります。

 

肩や二の腕を伸ばしたり足首や手首などの関節部分を回してストレッチしたり、ラジオ体操をしても良いでしょう。

 

準備運動を十分に行っておくことでケガを防止すると同時に、筋肉がほぐれて動きやすくなるので水泳のフォームもキレイになります。

水泳ダイエットは頑張り過ぎず自分のペースで続けることが大事

 

40代の水泳ダイエットでは、頑張り過ぎないことも大切です。

 

どうしても最初はやる気になっているので、頑張り過ぎてしまいがちです。早く痩せたいという思いが強いと、少しでも長く泳いで結果を出そうとします。

 

しかし、身体が慣れないうちに頑張り過ぎてしまうのは逆効果です。どんなに消費カロリーが高い水泳でも、すぐに結果が出るわけではありません。

 

続けることで徐々に体質も変わり結果が出てきます。頑張り過ぎても疲れるだけで、モチベーションを下げてしまいます。40代になり身体も衰えてきているので、頑張り過ぎないようにしましょう。

 

泳ぎを上達させるのではなくて脂肪燃焼をしてダイエットをするのが目的なので、一度に長く泳ぐのではなくて自分のペースで続けることが重要です。

 

ゆっくりと体内に酸素を取り込みながら泳ぐことで脂肪を燃焼させることが出来るので、呼吸が乱れるほどに頑張って泳ぐ必要はないのです。

 

それまで運動の習慣がなかった人は、特に最初は休憩をこまめに挟みながら泳ぎましょう。15分泳いだら5分休憩するなど、無理のないペースで始めましょう。

 

消費カロリーが高く短期間でダイエット出来ると言われる水泳ですが、40代になると基礎代謝も低下していますから長い目で見ましょう。

 

水泳を続けていると少しずつ代謝も上がり筋肉もついてくるので痩せやすい身体になっていくでしょう。

 

すぐに結果を求めないことも大切です。

 

1回で泳ぐ時間は30分から1時間程度にしておきましょう。これを週に2回くらいのペースで続ければ、3か月から半年ほどで効果が現れ始めるでしょう。

 

すぐに結果を期待しないで、長い目で見て自分のペースで続けていきましょう。

水泳ダイエットをして逆に太ることもある!?

 

水泳ダイエットをしても、反対に太ってしまう人もいます。

 

水の中にいるのでどうしても身体は冷えてしまいます。

 

水温は一定に保たれているので泳いでいる時には冷たいと感じることはありませんが、プールサイドで休憩しているときに体温が奪われて冷えてしまいます。

 

水泳が楽しくなってくるとついつい長時間泳いでしまうので冷えに注意しましょう。

 

身体が冷えると内臓も冷えてしまいます。内臓が冷えると脂肪がつきやすく燃焼しにくい身体になってしまう恐れがあります。

 

水泳ダイエットでは、身体の冷えにも注意が必要です。プールから上がると身体についた水滴が蒸発しますが、その時に体温が奪われてしまうのです。

 

休憩をする時にはタオルで水分をふき取って身体が冷えないように注意しましょう。特に秋冬に水泳ダイエットをするなら、身体が冷えないようにしましょう。

 

また、水泳をした後には空腹感も強くなります。

 

水泳は消費カロリーが高いのでそれだけお腹も空きます。しかし、ここで食べ過ぎてしまうと痩せるどころか太ってしまう可能性もあります。

 

水泳でせっかくたくさんのカロリーを消費しても、それ以上のカロリーを摂取すれば太ってしまうのは当たり前です。

 

消費カロリーは高くなっているので、食事量を増やさないようにするだけで大丈夫です。

 

食べ過ぎには注意して、冷えを予防するために水泳をした後には温かいスープを飲むのもおすすめです。

 

温かいスープは身体を芯から温めてくれて満足感もアップするので、食べ過ぎも予防出来て一石二鳥です。

 

身体を温める作用がある生姜をプラスするとさらに良いでしょう。

無理はしないでポイントを押さえて水泳ダイエットをしよう!

 

水泳ダイエットをする時には、準備運動を十分に行って自分のペースで無理なく続けることが大切です。

 

身体の冷えや食べ過ぎにも注意して、楽しみながら続けていきましょう。




ブログランキング・にほんブログ村へ
トップへ戻る