40代でも水泳なら効率良くダイエット可能?カロリー消費について

 

40代になると、なかなかダイエット効果も出なくなります。

 

ウォーキングやヨガ、エクササイズなどのスポーツ系からダイエット食品や酵素ドリンクなど、さまざまなダイエット方法がありますがどれもいま一つという人も多いでしょう。

 

筋力が低下して基礎代謝量もガクンと落ちる40代からは、なかなかダイエット効果が上がらないのですが、水泳なら効率よくダイエットが出来ます。

 

泳ぎ方によっても消費カロリーが違い、また水泳の消費カロリーを上げるためのポイントもあるので紹介しましょう。

ダイエットの為の水泳!泳ぎ方によって消費カロリーは違う!

 

痩せにくくなる40代からのダイエットに水泳はぴったりですが、泳ぎ方によってカロリー消費量が違います。

 

泳ぎ方には主にクロールや平泳ぎ、背泳ぎやバタフライがありますが、それぞれ使う筋肉や体力の消耗量が違うのでカロリー消費量も違います。

 

泳ぎ方だけでなく体重や性別、泳ぐ速度などによっても違ってきますが、まずは泳ぎ方別のカロリー消費について知っておきましょう。

 

体重が50キロで普通の速度の場合、クロールなら1時間で450キロカロリー平泳ぎや背泳ぎなら350キロカロリー、バタフライなら600キロカロリーほど消費します。

 

カロリー消費量だけを見れば、バタフライやクロールがダイエット向きと言えそうです。

水泳ダイエットで消費カロリーを上げるためのポイント!

 

効率よく水泳ダイエットをするならカロリー消費量の高いバタフライやクロールが良いと思いますが、どちらの泳ぎ方も難しいです。

 

40代になって久しぶりに水泳をするような人は、バタフライやクロールを上手に泳ぐのは難しいでしょう。

 

水泳の消費カロリーを上げるために大切なポイントは、正しいフォームで泳ぐことです。いくらバタフライやクロールで泳げたとしても、そのフォームが自己流で崩れているようなら消費カロリーも下がります。

 

またバタフライやクロールは体力の消耗も激しいので、すぐに疲れてしまってフォームも乱れやすくなります。

 

長く泳げずフォームも崩れやすいバタフライやクロールでは思うようにカロリーも消費出来ません。それよりも楽に泳げる平泳ぎの方がおすすめです。

 

ただ、泳ぎ方の得手不得手は一人ひとり違うので、平泳ぎが苦手でクロールの方が得意な人もいるでしょう。

 

なにより得意な泳ぎ方で泳ぐのが一番です。

 

ただし、消費カロリーを上げるためには、泳ぎ方よりも泳ぐフォームの方がより重視したいポイントです。

 

無理をしないで適度に休憩を挟みながら、フォームが崩れないようにゆっくりと泳ぐことが結果的には効率よくダイエットが出来ます。

 

また、泳ぎ方によって使う筋肉が大きく違うので得られる効果も違ってきます。

 

上半身を大きく使うクロールは上半身の引き締めに効果的ですし、足を大きく使う平泳ぎは下半身を引き締めるのに効果的です。

 

足痩せを期待するなら、ビート板を持ってバタ足をするのがおすすめです。足のつけ根から動かし泳ぐバタ足は、一見地味なようですが足全体を引き締めるのには最適です。

 

また、クロールと背泳ぎは肩から腕を大きく回転させて動かすので、肩がほぐれ肩こりの改善にも役立ちます。

ダイエットには負荷の大きい水中ウォーキングもおすすめ!

 

泳げない人や泳ぎに自信がない人でも、水泳ダイエットは出来ます。

 

水の中で歩く水中ウォーキングは、水圧による抵抗があるので地上でウォーキングをするよりも身体への負荷が大きく、それだけ効率よくカロリーが消費出来ます。

 

水中ウォーキングでも、ほどほどの早さで行えば1時間で300キロカロリーほどは消費出来ます。

 

浮力があるので腰や膝への負担がかかりにくいのも魅力で、腰痛があったり膝などの関節痛がある人にも水中ウォーキングはぴったりです。

 

姿勢をピンと伸ばして少し前に傾けて、出来るだけ歩幅を大きく大股で歩くのがポイントです。こうすることで腰周りの大きな筋肉を鍛えることが出来ます。

 

1時間泳ぐのは大変ですが、水中ウォーキングなら無理なく出来る人も多いでしょう。

 

有酸素運動なので20分も続ければ脂肪が燃焼されやすくなりダイエット効果も高まります。歩くだけの水中ウォーキングですが、水の抵抗があるのでけっこう体力を消耗します。

 

また、水泳でも20分以上は続けることが大切です。息継ぎをして呼吸しながら、身体の中にしっかりと酸素を取り込まないとダイエット効果も上がりません。

 

一度休憩してしまうと、また一から身体を有酸素運動の状態に戻さないといけなくなります。

 

ですから、泳ぐのが疲れたからと言ってすぐにプールから出ないで、水中ウォーキングをしながら有酸素運動の状態を維持するのがおすすめです。

 

そうすることでダイエット効果をより高めることが出来ます。

泳ぎ方やフォームに注意して効率よくダイエットしよう!

 

泳ぎ方やフォームによって、同じ時間泳いでもカロリー消費量は大きく違ってきます。

 

水中ウォーキングも挟みながら、効率よく水泳ダイエットをしていきましょう。




ブログランキング・にほんブログ村へ
トップへ戻る