30代女性がメタボから脱出した成功例にビックリ!

 

30代になると、若い頃と同じように生活をしているだけで、体脂肪が増えてメタボ体型になってしまう事があります。

 

これは加齢により筋肉量が落ちて、「基礎代謝」が下がってしまうためです。

 

放置しておくと、毎年少しずつ太り、いつしか取り返しがつかなくなってしまいます。

 

そこで30代の女性で、ダイエットに成功しメタボ体型を脱出した例を紹介します。

 

どのようにダイエットを成功させたのか、成功のポイントを知る事で、自分がダイエットをする時の参考になるでしょう。

 

ダイエット成功の基本は、いつでも「適度な運動」と「適度な食事」を守る事です。

 

ダイエットに成功した女性も、基本に忠実にダイエットを成功させています。

 

さあ、メタボ体型から脱出しましょう!

30代のダイエットは「食事日記」から始めましょう

 

メタボ体型になってしまった30代の女性が、ダイエットを成功させるために最初に始めた事が、「食事制限」でした。

 

太りすぎてメタボになってしまった人は、必ず必要以上にカロリーを摂取しているはずです。

 

まず「どの程度食べ過ぎているのか」を知るために、「食事日記」をつける事から始めました。

 

食事日記といっても、簡単で、毎食何を食べたのか、記録していくだけです。

 

スマホのメモ機能などを使っても食事内容を記入してもいいですし、面倒な人は食事ごとに写真を撮影し、SNSなどにアップするだけでもOKです。

 

メタボを脱出した女性は、手帳を持ち歩いていましたので、手帳のスケジュール欄に食事のメニューを記入しました。

 

一週間ほど、食事日記をつける間に、「これは食べすぎかもしれない」という気付きがあったといいます。

 

例えば朝・昼・晩の食事内容は意識していても、仕事の途中で食べる「間食」については、食べたそばから忘れてしまう人が多いです。

 

この女性もそうでした。

 

食事日記をつける事で、職場で配られたお土産のお菓子などを、「思ったよりもたくさん食べている」ことに気が付きました。

 

そこで、まず間食を止める事を決めました。

 

簡単な食事制限ではありますが、それだけでダイエット効果が期待できます。

 

少し太りすぎな程度の女性なら、間食を止めるだけで、適正体重に戻る事もできます。

 

他にも「朝食が重すぎる」という気付きがあり、朝食をトースト一枚にする事を決めました。

「食事制限」を始めて30代の女性がダイエットに成功!

 

間食を抜き、朝食をトースト一枚にする事で、太り続ける悪循環が止まり、体重が一定するようになりました。

 

まだ食事制限をする余地はたっぷりあります。

 

しかし、急に食事量を減らすとリバウンドの危険があります。

 

ダイエットに成功した30代の女性は、次に「夜ご飯」の改革に取り掛かりました。

 

この女性は、夜ご飯は「娯楽」と考えて、ストレス解消の場にしていました。

 

焼肉の食べ放題を楽しんだり、外食をした後で、ラーメンを食べるなど、好き放題の食事をしていました。

 

まず、「適切な食事量に戻す」という事から、夜ご飯の食事制限に取り掛かりました。

 

この時点では食べ過ぎに注意をするだけで、厳密には食事制限とはいえないほどです。

 

しかし、それまで食べ過ぎていた食事量を適正量に戻すだけでも、ダイエット効果が期待できます。

 

例えば牛丼を食べるなら大盛りにせず、並盛にする、カツカレーを食べたい時は、カツとご飯を半分残す、その程度の心がけで十分です。

 

夜ご飯の食べ過ぎを止めて、1週間ほど生活をすると、体重が2kgほど落ちました。

 

嬉しくなり、もっと食事制限をしたくなるところですが、無理は禁物です。

 

食べ過ぎに気を付けるだけに留めてさらに1週間暮らし、マイナス2kgの体重をキープする事を次の目標にしました。

 

体重をキープする事に成功すると、他に食事制限ができるポイントはないかと探してみました。

 

ランチを制限するとバランスが崩れそうなので避けました。

 

結果的にこの女性は、朝食のトーストを止める事を選びました。

30代の女性のダイエットの仕上げは「適切な運動」でした

 

ダイエットに成功した女性は、食事日記をつけ始め、まず間食を抜きました。

 

さらに朝食を軽くし、最終的に朝食を抜き、ランチは思い切り食べる事にしました。

 

夜ご飯は「食べ過ぎないように気を付ける」という、軽い食事制限に留めました。

 

それでも結果的にダイエットを始めた頃から、4kgほど体重を減らす事ができました。

 

さらに食事制限をしたいところですが、これ以上減らすとストレスがたまり、ダイエット自体に嫌気がさしてしまいそうだと判断しました。

 

さらに摂取カロリーが少なくなりすぎると、仕事をする体力や気力が奪われてしまう可能性もあります

 

ここで30代の女性は、「適切な運動」を始める事にしました。

 

この女性は運動経験がなかったため、まず「ウォーキング」から始めました。

 

最寄駅まではバスで通う事が多かったのですが、片道10分の距離を、ウォーキングの時間にしました。

 

さらにエスカレーターや階段の使用を避け、階段を上るようにしました。

 

これだけで、十分適切な運動になります。足腰の筋肉が発達してくると、さらに激しい運動ができるようになります。

 

この女性もウォーキングを卒業して、ランニングを始めました。

 

食事制限の結果、以前よりも体が軽くなっていたため、ケガをすることなくランニングの習慣を取り入れる事ができました。

 

ランニングを始めると劇的に体重が落ち始め、走り始めてから3か月で適正体重まで落とす事ができました。

 

ダイエット成功です!

 

特別な方法ではなく、基本を守り段階を踏んで無理のないダイエットをした事が、30代の女性のダイエットを成功に導きました。




ブログランキング・にほんブログ村へ
トップへ戻る