30代で運動が苦手な人にオススメするダイエット成功例

 

30代になってからお腹周りのお肉が落ちづらくなってきた。

 

加齢とともに基礎代謝が落ちたことで、若い頃のように運動を行わなくても自然と脂肪が燃焼されるということがなくなってしまいます。

 

20代の頃のダイエットと30代になってからのダイエットでは、運動や食事における方法は若干異なる部分があります。

 

また、ダイエットといえば食事制限というイメージがあり、食べたいものを好きなだけ食べることができないことからストレスを抱えてしまうこともあります。

 

ストレスがたまると次第に、ダイエットが自分を苦しめている原因だと考えるようになり、気づけば自分からスタートしたダイエットにも関わらずサジを投げてしまうケースが出てきます。

 

もし、食事制限もなく食べたいものを食べたい分だけ食事することができるダイエットがあるとすれば、誰でも楽にダイエットができるというもの。

 

この悩みを解決するために必要なものはダイエットに欠かせない運動ですが、忙しい30代でも成功例の多い運動ダイエット法について、ご紹介して行きたいと思います。

 

30代でも成功例の多い無理のない運動方法について、ポイントとなるのはいつでもどこでもできる簡易さと継続しやすい程度の運動です。

30代のダイエットにオススメのひねるエクササイズ

 

普段仕事や子育てに追われ、運動をする時間がない30代の方がダイエットを始めた時に間違えやすいのは、無理な運動を行うことです。

 

とにかく、脂肪を燃焼するためにも運動をしてカロリーを消費することや、脂肪を燃焼することを目標にウォーキングやジョギングを取り入れる方も多くおられます。

 

この方法なら脂肪を燃焼する効果が期待できるのですが、問題は毎日継続しておこなわなければいけないという継続性にあります。

 

毎日ウォーキングやジョギングを行うことが難しい30代にとって、効果的な運動はひねるエクササイズになります。

 

実際にダイエットの成功例として、30代のダイエット経験者が多いひねるエクササイズは、腰をひねる動作を加えるだけとなります。

 

筋肉をひねる動作を行い、腰回りの筋肉を発達させることができます。

 

筋肉が発達するとその周りにある脂肪が燃焼されやすくなり、ダイエット効果も期待できるようになります。

 

特に、腰という部分については脂肪がたまりやすい部位になるので、腰を重点的にトレーニングするで部分痩せという効果においても期待できます。

 

ひねるエクササイズは、気付いた時に取り入れるだけで良いので、時間も場所も選ばない為オススメです。

ダイエットにオススメで見逃しがちな自転車エクササイズ

 

ダイエットというと自分の足で走ったりすることに焦点が当てられがちですが、実は短な乗り物である自転車もダイエット効果においても十分期待できるツールとなります。

 

自転車を乗ることで、体感する空気感には自律神経を安定化させる効果が期待でき、また刻一刻と景色が変わることに好奇心が無意識にクズグラれることにより、自転車によるダイエット事態に飽きが来ないというメリットがあります。

 

ウォーキングやジョギングをすると時間や距離感に制限があるため、ついつい同じルートをぐるぐると回ってしまいがちになります。

 

また、同じコースを走っていると景色を見ることで無意識にゴールまでの距離感を逆算してしまい、ダイエットで脂肪を燃焼することが目的であるにもかかわらず、次第に走った距離や時間のながさが達成感のものさしになってしまう場合があります。

 

30代になってからは運動がダイエットの成功に欠かせないポイントとなります。

 

ダイエットの成功例としてウォーキングやジョギング、スイミングなどがあげられることが多くありますが、もっと短で誰でも取りれることができる方法として、自転車でのエクササイズというのも取り入れていただければと思います。

ダイエットの基本である階段や段差のフル利用

 

30代におけるダイエットの成功例としてよく取り入れられているのがエレベーターやエスカレーターを利用せず、あえて階段を使用することが挙げられます。

 

階段を利用する場合、足を高く上げる動作が必要になりエネルギーも消費されることで心拍数も上昇します。

 

また、10段程度にも関わらず、呼吸が乱れることもあるでしょう。

 

たった10歩ほど階段を登るだけで呼吸が上がるというのは、それだけ良い運動方法であることの証拠でもあります。

 

呼吸が上がれば脂肪の燃焼にもつながりますし、階段を上がる際に最も筋肉を使用する部位は太ももになります。

 

太ももは第二の心臓とも言われるほど筋肉が発達した部分になります。

 

太ももの筋肉を鍛えることで、1回に送られる血液量が増えるため血流がアップし、体内に栄養分が行き渡ることができ細胞1つ1つが元気になります。

 

細胞が元気になることで基礎代謝もアップすることから脂肪燃焼効果も期待されるということになります。

 

太ももを鍛えることでダイエットにつながるというサイクルができることはとても理にかなっている方法と言えます。

 

ちょっとした心がけにより、落ちにくい脂肪を落とすことができる階段はダイエットに最適です。




ブログランキング・にほんブログ村へ
トップへ戻る