簡単に痩せられる?2つの成功例に学ぶ30代のダイエット

 

30代になり、仕事もプライベートも順調で楽しい。しかし、友人や周りの人に共通する悩みがあるといいます。

 

「それは最近ふとってきたな・・・」

 

そうなんです。お腹周りの脂肪がとても気になります。しかも、顔もふっくら。

 

20代のしまった体にくらべ、30代のからだは緩む方向まっしぐら。

 

「ダイエットするか?」と思っても、簡単には行かないのが30代の悩みのタネ。

 

できない理由をまとめてみました。

 

1:忙しくて、運動する時間がない

 

20代に比べて、ものすごく忙しいんです。
なんたって、仕事も増えています。9時に出社して20時に帰宅するなんてあたりまえ。定時あがりなんて夢のまた夢。

 

そんなわけで、ものすごく忙しく、運動する時間がない。

 

2:.代謝が確実落ちている

 

20代の頃に比べて、体の代謝と体力は確実に落ちているにもかかわらず、食欲は20代のときとそんなに変わらない。

 

20代は炭水化物を大量にとっても、3日で元の体重に戻っていました。30代になってからは体重をキープしたまま、本当にやばいです。

 

この2つの理由は言い訳かもしれません。でも、実際にできないんです。

 

一方で、20代と変わらぬ体型をキープした人もいたので、思い切って聞いてみました。

自転車ダイエットで通勤を運動にしてしまえ!

 

Aさん 30代 女性。ショートカットですごく活発な印象の彼女。

 

何より食べること大好きと15時のおやつタイムは必須。スイーツやシュークリームを美味しそうに食べています。

 

でも、体型はスリム体型を維持。これは成功例に違いないです。彼女に秘訣を聞いてみました。

 

「え?自転車で通勤しているだけだよ〜。しかも昔は太ってたよ〜。」

 

以前の彼女はぽっちゃり体型。ダイエットを兼ねてクロスバイクを購入したそうです。

 

片道15kmの道を毎日通勤していて10kgのダイエットに成功したとか。

 

今流行りの自転車ダイエットです。彼女に自転車通勤の良さについて語ってもらいました。

 

1.通勤=運動になる!

 

通勤が運動になるこれは大きいです。自転車で15kmというと結構長い印象がありますよね。でも、可能なんです。それを可能としているのがギアの変速。

 

ギアを変えることで長い距離も坂も簡単に通勤できます。そんなに辛くないよ〜と彼女も言っていました。

 

2.コスパが非常に高い!

 

コスパがものすごくいいです。なぜなら、運動にかかる費用h高いからです。

 

ジムの年会費は馬鹿になりません。毎月1万円ちかくするところもあります。

 

けれども、自転車ならば、本体を買えばあとは維持費のみ。ジムに通うより遥かに安い。さらにウェアも買うとなるとさらなる出費に。

 

自転車通勤だとそれが全部なくなります。ものすごくお得ですね!

分かるけどそんなのあり!?食べたい時ダイエット

 

30代の男性のBさん。短髪で、しかも爽やか。明らかにできるビジネスマンのオーラを放つ彼。

 

ランチタイムにはとんかつ定食やカツカレーをもりもり食べています。しかも、ご飯は大盛りです。

 

でも、体型はスリムなので、明らかにおかしいです。きっと、ジムでものすごい運動をしている違いない!

 

運動の成功例?と思って聞いてみました。

 

「ジムなんて時間の無駄だよ。それに僕は太ってたよ」

 

食べたいときに食べる?しかも太ってた?不思議に思い、話を聞いてみると衝撃の事実が!

 

彼が痩せた方法、それは「食べたいとき食べる」というシンプルな方法でした。この方法で20代とくらべて10kg痩せたとか。

 

簡単にやせられる?食べたいときに食べるダイエットとは?

 

方法はシンプルです。自分が食べたいときに食べたいものを食べるそれだけ。

 

以前の彼は3食きっちり、食べないといけないと思っていたそうです。

 

3食食べないと体に悪いと思っていたから、栄養たっぷりの食事を3食きっちりと食べていたときの彼はぽっちゃり体型でお腹もぽっこり。

 

ある日。食事するのも忙しかった彼は、朝は水とバナナと夜はそのまま寝ることに。

 

一週間過ぎても体調に変化はない!でも痩せている!

 

「昼が一番お腹がすくんだ。そのときだけ、好きなものだけ食べてる。きがついたらそれで痩せてた」

 

目からウロコです。

成功者である2人の言葉とそれから学んだこと

 

ともに、同じ30代のダイエット成功例!そんな2人の主張をまとめてみました。

 

1.自転車ダイエットのAさん

 

運動する時間は作れます。
通勤を運動にかえることで運動の時間は作れます。
私自身太っていましたが、自転車で通勤することで運動する時間も作れました。ジムにかかる費用もかかっていませんし、その分美味しいものが食べられます。

 

なので、運動する時間は作れます。あとは自転車に乗るだけです。

 

2.食べたいときに食べるダイエットのBさんの主張

 

大切なのは自分が本当に好きなものを食べること。
好きなものを食べることがモチベーションに繋がります。以前の私は、食べなきゃということで必要のないものを食べていました。

 

でも、今は違います。自分の好きなものを食べたいときに食べる。そうすることによって仕事のモチベーションが上がってきます。
忙しくても、ダイエットはできるんです。だからこそ、本当に食べたいものを食べるんです。

 

いかがだったでしょうか?簡単には痩せられない方法かもしれません。

 

私が2人から学んだことは、言い訳をしないということ。言い訳しても何も始まりません。

 

2人は自分ができることを言い訳せず、自分ができることをやりました。

 

それが成功に繋がったのでしょう!




ブログランキング・にほんブログ村へ
トップへ戻る