薬局で購入できるおすすめダイエットサプリ!コエンザイムQ10

 

テレビなどでもよく耳にすることがありますが、コエンザイムQ10は肌や美容に良いというイメージがあり、美容系のサプリメントとしてのイメージが強いですよね。

 

薬局でも手軽に購入することができるコエンザイムQ10は、もともとは体内で生成される成分ですが、生成量が20歳をピークに減少していき、40歳代になると不足の状態になります。

 

そのため、コエンザイムQ10を食事などで補うことが必要になってきます。

 

このようなコエンザイムQ10は、美容に関しては勿論ですが、アンチエイジングやダイエットに対しても多大な効果を期待することができるサプリメントとして最近特に注目されています。

 

そんなコエンザイムQ10とは、一体どのようなものなのでしょうか?

ダイエットサプリであるコエンザイムQ10には異なる種類が存在

ダイエットサプリ・コエンザイムQ10には、体内に入ってから還元型に変化して全身に送り込まれる酸化型コエンザイムと、体内にあるときから同じ構造で存在する還元型コエンザイムとがあり、これらは互いに体への吸収率が異なります。

 

還元型コエンザイムQ10は、酸化型コエンザイムに比べて、変化が不要である分早く体に吸収されるので、激しいスポーツで多くのエネルギーを消費したときや、精神的にストレスを受けていると感じたときなどに摂取すると、とても有効に機能します。

 

コエンザイムQ10を購入する際は、効率よく栄養吸収できる還元型コエンザイムQ10を選ぶほうが良いです。

 

コエンザイムQ10には、ミトコンドリア中に取り込まれた脂肪酸を燃やしてエネルギーに変える働きがあります。

 

コエンザイムQ10が体内に入ると、細胞内のミトコンドリアがATPというアデノシン3リン酸を合成し、エネルギーが活発に作られて代謝が良くなり、体内の脂肪や糖が消費されます。

 

つまり、細胞内のミトコンドリア中に多くのコエンザイムQ10が存在していれば、エネルギー消費のための燃料になることにより、増えてしまっていた脂肪が燃えることでダイエット効果が得られます。

 

しかしこの場合、コエンザイムQ10を摂取しただけで痩せるという訳ではなく、脂肪を燃やす燃料だけあっても、それを使わなければダイエット効果には繋がりませんから、脂肪を燃焼させ糖を消費できるように、自らが運動することが必要です。」

 

コエンザイムQ10を摂取した後、適度な運動をすることがダイエットを促進しますから、コエンザイムQ10の摂取と適度な運動を1セットとすることで、ダイエットを効果的に促進させましょう。

ダイエットサプリとしてのコエンザイムQ10の働き

 

スリムなボディや綺麗な肌を手に入れたいなど、ダイエット効果をより発揮させるためには、コエンザイムQ10をどれくらい摂取することが良いのでしょうか。

 

コエンザイムQ10は、学名が「ユビキノン」「ユビキノール」という、日本語で言う「補酵素」のことを意味し、動物の細胞膜に存在しているビタミンに似た物質(ビタミン様物質)です。

 

肉類や魚介類などの食品に主に含まれ、心臓や肝臓などの部位に多く存在しています。人間にとってビタミンは体内で作り出すことのできない物質ですが、ビタミンに似ていてもビタミンではないコエンザイムQ10は、体内で作り出すことが可能なものです。

 

コエンザイムQ10は、主に肝臓で合成され、コレステロールと同じ行程で作られると言われています。コエンザイムQ10が細胞内のミトコンドリアに届くと、エネルギーを作り出すのに重要な役割を果たします。

 

コエンザイムQ10を体内に補うことで、生活習慣病である高血圧や糖尿病などを予防したり、エネルギー燃焼を向上させてダイエット効果が得られたりします。

 

逆に、ミトコンドリアを活性化させる働きのあるコエンザイムQ10が体内で不足すると、ミトコンドリアが良好に機能できず、体内の脂肪や栄養が消費されない状態になり、基礎代謝が低下し、ダイエット効果が得られにくくなってしまいます。

 

このような効果をより多く発揮させるためにも、サプリメントを購入する際には、酸化型コエンザイムではなく還元型コエンザイムを選ぶことで、より早く多くの脂肪を燃焼させて良好なダイエット効果を得ることができます。

ダイエットサプリ・コエンザイムQ10には抗酸化作用もある

 

コエンザイムQ10には、上述のエネルギーを作り出す作用に加え、抗酸化作用があります。

 

抗酸化作用とは、体内の活性酸素を除去することで全身を酸化から保護し、肌はもちろん心臓や肝臓などの臓器をも若々しく維持してくれる働きです。

 

コエンザイムQ10を体に補うことにより、免疫力が高まり、体を外側からだけでなく内側からもアンチエイジングされます。

 

逆に、コエンザイムQ10が不足すると、ミトコンドリアによるエネルギー生産が落ち込んで細胞本来の働きが大きく損なわれ、免疫力が低下して体調が悪く、疲れやすくなるなどの不具合が生じます。

 

このようなコエンザイムQ10には、運動で細胞が傷ついたりするのを抑える効果がありますから、体を維持するためにもアスリートがコエンザイムQ10を充分に摂取することが大切です。

 

そして、筋肉量が増えることで代謝が高まり、太りにくく痩せやすい体を手に入れることができます。

 

20歳代をピークとして製造量が減少するコエンザイムQ10を、意識して適切に摂取することにより、年齢とともに代謝が低下して痩せにくくなると言われがちな体質を改善していきましょう。

 

また、コエンザイムQ10は、肝臓を強化する機能も発揮するため、体が本来持っているデトックス作用を高めることも期待できます。

 

そしてコエンザイムQ10は、心臓を強化するための薬として利用されていたこともありますから、心臓の正常な機能を維持して、血流を良好にすることで、スタミナをアップさせて疲労を回復する効果も期待できます。




ブログランキング・にほんブログ村へ
トップへ戻る